Amazonプライムビデオのラインナップからメリット・デメリットまでをまとめてみた

amazonプライムビデオ 動画サービス

Amazonプライムビデオは、あの大手通販サイトAmazonが提供している動画配信サービスです。
年会費3,900円で利用できるということで、動画配信サービスの中でも圧倒的に安いAmazonプライムビデオですが、実はいろいろとからくりがあります。
動画配信サービスを利用したいという方で、Amazonプライムビデオを検討している方はいきなり契約するともしかしたら思っていたものとは違った…なんてことにもなりかねませんので、まずはこちらのまとめをご覧ください。

Amazonプライムビデオとは

テレビ
Amazonプライムビデオは、Amazonプライム会員のサービスの一つです。
Amazonプライム会員になるとAmazonプライムビデオが視聴可能となるだけではなく、他にも様々なサービスを利用することができるんです。
まずはAmazonプライム会員の料金やその内容についてみていきましょう。

料金プラン

Amazonプライムビデオを視聴するにはAmazonプライム会員になる必要があります。
Amazonプライム会員の料金は月額プランと年間プランがあって、月額プランの場合は400円/月、年間プランの場合は3,900円/年となっていますので、年間プランにした方がお得になりますね。

プライム会員なら無料で視聴可能

AmazonプライムビデオはAmazonプライム会員になれば見放題動画が無制限に視聴できます。
ですから、元々Amazonプライム会員だった方はAmazonプライムビデオの視聴も可能という事になります。
おそらく、買い物の送料無料などの特典が目的ですでにAmazonプライム会員になっている方も多いと思いますが、この場合もAmazonプライムビデオが視聴可能になります。

プライム会員のサービスも利用可能

Amazonプライム会員になっていると利用できるサービスはたくさんあります。

・Amazonプライムビデオ
・お急ぎ便/お届け日時指定便無料
・配送料無料
・Amazonパントリー
・タイムセール
・Prime Music
・Kindleオーナー ライブラリー
・Prime Now

これだけのサービスすべてがAmazonプライム会員になることで利用できます。
実はAmazonプライムビデオのサービスはAmazonプライム会員向けに途中から開始されたサービスなので、元々Amazonプライム会員のサービスとしては存在していなかったんですよね。
なのであとから追加されたサービスではあるんですが、年会費が変わらないまま追加されたサービスとしてはかなりメリットが大きいですね。

まずは30日間の無料お試しを使ってみよう!

Amazonプライムビデオが気になってる方で、Amazonプライム会員になったことがない方なら、30日間の無料体験を利用することができます。
30日間の無料体験ではAmazonプライムビデオ以外のAmazonプライム会員向けサービスも利用できますので、とりあえずいろいろ利用してみるのも良いかと思います。

>>Amazonプライム30日無料体験はこちらから

Amazonプライムビデオの解約方法は?

Amazonプライム会員の解約は、Amazonトップページの「ヘルプ」から行えます。
30日間の無料体験中の方は30日以内に解約すれば料金は発生しません。
また、年間プランで契約している方は解約すると、残りの会費が日割り計算で返金されます。
返金は現金ではなくクレジットカードへの返金対応になります。

また、Amazonプライム会員は他のサービスとちょっと違うところがあって、無料体験が利用できるのは一度きりではありません。
無料体験を利用して解約後、一定期間が経過するとまた無料体験を利用することができるんです。
一定期間がどれくらいなのかはわかりませんが、気になったらまた無料体験から始められるのはちょっとうれしいですね。

Amazonプライムビデオのメリット

料金が安い

Amazonプライムビデオはとにかく料金が安いです。
月間プランだと400円/月ですが年間プランだと3,900円/年なので一か月あたり325円になります。
動画配信サービスの中では特に安いdTVでさえ月額500円なのでそれをさらに下回る料金の安さはかなり魅力的ですね。

新作など有料で購入視聴が可能

Amazonプライムビデオは定額で見放題の動画以外にも、有料で購入視聴が可能な動画があります。
他の動画配信サービスで視聴できないコンテンツでもAmazonプライムビデオにはあったりするので、気になる作品がある方はその都度購入してその場で視聴できるんですよね。

Amazonが送料無料になる

Amazonプライム会員になるとAmazonの買い物が送料無料になります。
通常は2,000円以上の買い物で送料無料サービスとなりますが、プライム会員なら2,000円以下でも無料です。
さらに、お急ぎ便やお届け日指定便も無料で利用できますので、Amazonでよく買い物をされる方はそれだけでもプライム会員になるメリットがありますね。

Prime Musicが聴き放題

プライムミュージック
Amazonプライム会員向けの音楽配信サービス「Prime Music」も利用できます。
Prime Musicでは100万曲以上の楽曲やラジオが聴き放題になりますので、好きなアーティストはもちろんですがちょっと聞いてみたいアーティストの曲を聴いてみたり、普段なかなか聞かない楽曲も気軽に聴くことができます。

Kindleが4000円引きで購入できる

amazonキンドル
最近電子書籍を利用している方も増えてきてますよね。
電子書籍なら、本をわざわざお店まで買いに行かなくてもその場で手に入りますし、売り切れの心配もありません。
あと、本って意外と場所をとるものですが電子書籍ならタブレットやスマホで読むことができるので、いくら本が増えても置き場に困ることがありません。
外出先でも好きな本を読むことができますから、例えるなら100冊の本を常に持ち歩いている、そんな感覚で好きな時に本を読むことができるとっても便利なシステムです。
そんな電子書籍を読む為の端末としてAmazonから販売されているKindle用端末のFireタブレットですが、なんとAmazonプライム会員なら4,000円引きで購入することができます。
もしFireタブレットを購入しようと思っている方なら、この4,000円引きでAmazonプライムの年会費分の元が取れていることになってしまいますね。

ダウンロード再生可能

Amazonプライムビデオはダウンロード再生が可能なので、あらかじめコンテンツをダウンロードしておいて、あとからオフラインで再生することができます。
ただし、ダウンロード可能な端末はKindle FireかiOSデバイス(iPadやiPhone、iPod touch)のみとなります。
また、iOSデバイスの場合はSD画質のみとなります。

プライム・フォトで無制限に写真を保存

Amazonのプライム・フォトは、スマホで撮影した写真などを保存できるストレージです。
しかも、容量無制限なのでどれだけたくさんの写真を保存しても大丈夫。
これでスマホが写真でいっぱい、なんて悩みも解消できますね。
まあ、Googleフォトでも代用はできますが…

Kindleオーナーライブラリーで毎月1冊本が無料

Kindleオーナーライブラリーとは、対象となるタイトルの本を毎月1冊無料で読むことができるサービスです。
毎月1冊無料で本が読めるのはいいですね。
ただし、利用するにはkindle端末が必要となります。

Amazonプライムビデオのデメリット

見放題作品数は少ない

Amazonプライムビデオは、作品数は多いですが定額で見放題となる作品数はそれほど多くありません。
やはり、動画配信サービスメインで行っているhuluやNetflixと比較すると、Amazonプライムビデオはあくまでプライム会員向けサービスのうちの一つということですからラインナップが乏しいのはやむを得ないのかもしれません。
おまけ的な位置づけでの利用なら十分だと思いますけどね。

最新作が少ない

こちらもやはり動画配信メインではないので仕方がないですかね。
割と新しい作品も追加されますが数はそれほど多くありません。
また、当然のように新作は有料での視聴となります。

動画視聴メインの方向けではない

Amazonプライムビデオは、Amazonプライム会員のサービスの一つです。
「プライム会員になったら動画も見れるんだ」
くらいのテンションでいた方が、Amazonプライムビデオをメリットとして感じられるかもしれませんね。

kindle端末がないと利用できないサービスがある

ところどころkindleじゃないと使えないサービスがあります。
動画のダウンロード視聴であったり、Kindleオーナーライブラリーなどがそうですね。
セキュリティ的な問題なのか何なのかわかりませんが、同じプライム会員なんだから全部一緒にしてほしいなとは思います。

まとめ

Amazonプライムビデオは年会費3,900円というかなり安い料金で動画見放題が利用できます。
ただし、あくまでプライム会員サービスの一環なので、動画をたくさん見たいという方には、コンテンツ量的におすすめできません。
Amazonでよく買い物するという方なら、送料無料になりますしそのついでに動画も見れるので加入するメリットは大きいかもしれませんね。
関連記事:動画配信サービス5つを比較!見放題定額制はどれを選べばいいの?

>>Amazonプライム30日無料体験はこちらから