huluのラインナップからメリット・デメリットまでをまとめてみた

hulu 動画サービス

huluはアメリカに本拠地がある動画配信サービスです。
日本国内におけるサービスは2011年から開始されており、動画配信サービスとしてはそれなりに歴史のあるサービスですね。
月額料金のみで全作品見放題というシンプルなシステムと、作品数の多さから動画配信サービスの中でもトップクラスの人気を誇っています。
そんなhuluのラインナップやメリットデメリットをまとめてみました。
これからhuluやその他の動画配信サービスを利用しようと考えている方は、こちらを参考にしてみてください。

huluとは

huluは元々アメリカで始まったサービスですが、現在日本の運営会社は日テレが2014年に買収しており、日テレ子会社のHJホールディングス株式会社というところが運営をしています。
日テレが買収したことにより、日テレ系のコンテンツが一気に増えました。

料金プラン

huluの料金は月額933円(税抜)のシンプルな料金体系です。
追加料金などは発生せず、月額933円(税抜)だけですべての作品が見放題となっています。
旧作映画やドラマなどをレンタルショップでレンタルした場合、安くてもDVD1枚で100円程度しますので、月額933円(税抜)で何本でも見放題というのはとても魅力的ですね。
ドラマなんて見始めたら10話くらいすぐですから、料金を気にせず一気見ができるのはドラマファンや映画ファンにとっては非常にありがたいサービスです。

映画やアニメ等合計40,000本以上が見放題

huluラインナップ
huluでは現在約40,000本の映画やドラマ、アニメなどの作品が公開されています。
huluは定額制見放題サービスなので、これらの作品を好きな時に好きなだけ見ることができます。
一か月に何本までといった制限もないので、気になる作品を片っ端から見ても平気です。
ラインナップは映画、国内ドラマ、海外ドラマ、アニメ、バラエティ、ドキュメンタリー、huluオリジナルコンテンツ、さらにFOXチャンネルをはじめとした海外チャンネルの配信も行っています。

HD画質で映画を楽しめる

huluはフルHD画質での視聴が可能です。
フルHD画質とはBlu-rayとほぼ同等の画質になります。
インターネットの動画配信サービスでフルHD画質を利用できる時代になったんですね。
フルHD画質なら、パソコンやタブレットやスマホはもちろんですが、大型のテレビで再生してもかなりきれいに見えます。
以前はインターネットの動画配信って、楽だけど画質がDVDに劣るイメージでしたが今はそんなことはないんですね。

huluアプリでいつでもどこでも視聴

huluは2017年にリニューアルをしました。
そこで、huluアプリも新しくなり、使いやすくなりました。
huluアプリはタブレットやスマホで利用できますので、外出先でもいつものhuluを視聴することができます。

また、プレイステーション3~4や一部のテレビでは別途端末を用意しなくても、インターネットに接続するだけでhuluが視聴できてしまいます。

まずは無料で2週間使ってみよう!

huluは2週間のお試し利用ができます。
ユーザー登録をすれば通常会員と同じようにすべてのコンテンツを見放題で視聴することができますが、2週間以内に解約をすれば料金は一切発生しません。
huluが気になっている方は、とりあえず一度無料お試し登録をして実際に視聴してみて、気に入ればそのまま継続利用すればいいですし、いまいちだなと思ったら2週間以内に解約してしまえば損をすることがなくていいですね。

>>hulu2週間無料トライアルはこちらから

huluの解約方法は?

huluの解約をするには、huluアプリから解約する方法と、ブラウザでhuluにログインして解約する方法があります。
どちらの方法でも解約できますので問題ありません。
解約するにあたって注意する点は2つあります。

一つは無料お試し期間中の解約です。
無料お試し期間は2週間となっているので、2週間以内に解約をしないと料金が請求されてしまいます。
また、無料お試し期間中に解約した場合は、その時点でサービスが即利用できなくなります。

そしてもう一つは、一度解約した後に改めてhuluを利用する場合ですが、2度目の契約の際は無料お試し期間を利用することができません。
すぐに料金が発生しますのでその点も注意してください。

huluのメリット

低価格で全作品見放題

huluは全作品が見放題で月額933円(税抜)です。
他にも見放題のサービスがありますし、料金もhuluより安い場合がありますがなんと言ってもコンテンツ量が違います。
約40,000本のコンテンツをこの金額で見放題というのはやはりhuluの強みと言えるでしょう。

海外ドラマやアニメに強い

huluは海外ドラマの分野で特に強いです。
有名どころではプリズンブレイクやウォーキングデッド、ゲームオブスローンズなどがありますね。
またこれらの作品をどこよりも早く独占配信していたりしますので、huluでなくてはならないというのはこうしたコンテンツ力があったりします。

その他、アニメ作品も充実していますので、アニメファンやお子様がいるご家庭でもhuluは人気となっているようです。

日テレ番組が見れる

huluは現在日テレ子会社が運営をしているという事もあって、日テレ系のコンテンツが充実しています。
日テレで放送されているドラマやアニメ、バラエティなどは放送後割とすぐにhuluで見ることができます。
また、スピンオフ的な作品もあるのでドラマやバラエティなどをより深く楽しむことができます。
毎年年末に放送される人気番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけないシリーズ」などもhuluで視聴することができます。

huluのデメリット

ダウンロード再生ができない

huluのコンテンツを視聴するには、常にインターネットに接続している必要があります。
U-NEXTやNetflixなどはあらかじめ映画などをダウンロードしておいて、オフラインでも再生することができますがhuluはこれができません。
ここがhuluにするか他のサービスにするかの分かれ目となる方も多いのではないでしょうか。

最新映画が見れない

huluは全作品見放題ですが、最新映画などはサインナップにありません。
基本的に映画は旧作のみとなりますのでどうしても最新作の映画を見たい場合には、hulu以外のサービスで有料レンタルする必要があります。

まとめ

huluは他の動画配信サービスと比較すると、コンテンツ量や月額料金のバランスが非常によいサービスと言えます。
933円(税抜)の月額料金で40,000本のコンテンツが見放題となるので、手軽に動画配信サービスを利用してみたいという方には、huluがおすすめできますね。
まずは無料2週間お試し利用をしてみることをおすすめします。
関連記事:動画配信サービス5つを比較!見放題定額制はどれを選べばいいの?

>>hulu2週間無料トライアルはこちらから