一人暮らしのモバイルWiFiルーターと光回線を比較してわかった事

一人暮らし ネット知恵袋

一人暮らしを始めると、いろいろ買いそろえたり手続きをしたり、やることがたくさんありますね。
家具や家電を買いそろえることはもちろんですが、住所変更だったり他にもやることが山ほどあります。
そしてその中には今なら「インターネット環境」も含まれるのではないでしょうか。

実家にはインターネット光回線があってなにも考えなくてもスマホはWi-Fi接続してたし、タブレットやパソコンも当たり前のように高速の光接続を利用していた方が多いと思います。
しかし、いざ実家を出て一人暮らしをするとそうした環境ははじめからそろっていることはありません。

スマホはそのままでも使えますが、Wi-Fiがないと使いすぎたら速度制限がかかってしまいますし、パソコンやタブレットはネット環境がないとオフラインでしか利用ができません。
今の時代、ネットのつながらないパソコンなんてただの箱同然です。

じゃあネットを繋ごう!
となった場合に、モバイルWiFiルーターと光回線どちらにするかという選択肢があります。
一人暮らしばかりだしなるべく通信費は抑えたい、でもサクサクがいい、外でも使いたい…などなど人によっていろいろな希望があると思います。

そんな方の為に、今回は一人暮らしとインターネット環境についてご紹介していきたいと思います。
モバイルWiFiルーターと光回線、どっちがいいのかという決断をする際の参考にしていただければ嬉しいです!

モバイルWiFiルーター

モバイルWiFiルーターといえば、大手はWiMAXやY!mobileが有名ですね。
最新機種ならタバコの箱よりも小さくて、いつでもどこへでも持ち運び可能な端末となっています。

場所を選ばずにすぐにWi-Fi環境を手に入れることができるので、ノマドワーカーの方や、出張が多いビジネスマンの方などが多く利用されていると思います。
スマホのテザリングをすれば同じような使い方ができますが、テザリングは回線速度があまり出ないことと、スマホのデータ容量をかなり使うので通信速度制限をされてしまうことがあり、あまりおすすめできません

それに比べてモバイルWiFiルーターなら、回線の安定性もありますしスマホの容量を食わないので安心して利用できます。
近頃カフェをはじめとしたいろいろな場所に無料で利用できるWi-Fiスポットがありますが、これらはモバイルWiFiルーターに比べて回線が安定しません。
一度に多くの方が接続する為、速度もなかなか出ないといった問題もあります。
さらに、セキュリティ面でかなりリスクがあるので、できればモバイルWiFiルーターを使った方が良いですね。

メリット

モバイルWiFiルーターのメリットは、第一に持ち運びができる点です。
自宅のネット回線はそとへ持ち出すことができませんからね。
モバイルWiFiルーターの回線はスマホの回線より速いので、利用するのはなにもパソコンだけではありません。
スマホのゲームをやる方も、モバイルWiFiルーターでつないだ方がレスポンスが早くなります。
また、テザリングとは違いスマホの容量とは別になりますから、スマホの速度制限に悩む心配もなくなります。
スマホのバッテリーを消費することもありません。
利用したいと思ったら契約してすぐに設定不要で使い始められるのも、モバイルWi-Fiルーターの良いところです。

デメリット

モバイルWiFiルーターを使うには、常に持ち歩かなくてはいけません。
万が一忘れてきてしまったら全く使えませんからね。
また、モバイルWiFiルーターも充電が必要になりますので、充電ケーブルを持ち歩いて場合によっては充電場所を探さなくてはいけません。
回線速度はスマホよりも速いですが、光回線にはかないません。
モバイルWiFiルーターの利用可能エリアはかなり広くなっていますので、たいていの場所で利用できますが、一部利用できないエリアもあるので、どこでも必ず使えるということでもないんですね。

光回線

インターネット光回線は、従来のADSL回線に代わって今や自宅のネット回線の主力となっています。
特に自宅での動画閲覧やオンラインゲームなど様々な大容量通信を必要とする現在では、光回線がないとお話になりませんからね。

これまではNTTが提供しているフレッツ光が主な光回線として利用されてきました。
今もフレッツ光のシェアは非常に高いですが、ここ数年その傾向が変わりつつあります。
それは「光コラボレーション」の登場によるものです。
NTT以外の事業者がフレッツ光の設備をそのまま利用してネット回線サービスを提供できるようになったことで、新規参入事業者が増えてきており、その価格競争やサービス合戦が白熱しています。

私たち消費者にとっては、価格競争やサービス合戦はお得に利用できるので非常にうれしいことですね。

メリット

インターネット光回線のメリットは、スマホやモバイルWi-Fiルーターのように通信量の制限がなく、使い放題ができるという点です。
どれだけ動画を見ても、どれだけオンラインゲームをやっても速度制限がかけられるといった心配は無用なので、ガンガン使いたい方は間違いなくインターネット光回線です。
また、回線速度に関しても光回線が一番です。
モバイルWi-Fiルーターもそれなりに速いですが、光回線にはかないません。
速度や安定性を求めるのなら、間違いなく光回線を選ぶべきです。

さらに、光コラボの中にはスマホ割引ができる事業者がいくつかあります。
料金面でかなりお得になりますので、そういった意味でも光コラボの光回線は注目されています。

デメリット

光回線のデメリットといえば、モバイルWi-Fiルーターのように持ち運びができません。
外でインターネットを利用したいという場合は、フリーWi-Fiを利用するしかなくなります。
スマホのテザリングも使えますが、速度制限やバッテリー消費を考えると落ち着いて使えませんよね。

あと光回線は導入するには工事が必要になります。
混雑している時期ですと、契約から工事まで一か月以上かかることもあります。
特に土日は混雑しがちなので、日程調整が面倒です。

モバイルWiFiルーターと光回線を比較

では、ここからはモバイルWiFiルーターと光回線を細かく比較していきたいと思います。

料金

 初期費用月額料金工事費
モバイルルーター0円~3,000円前後3,000円~4,000円前後なし
光回線0円~3,000円前後4,000円前後20,000円~30,000円前後
※無料キャンペーンあり

上記は一般的なものの大まかな数字をまとめたものです。
この表をみていただけるとわかりますが、モバイルWi-Fiルーターも光回線もそれほど料金的に大きな差はないことがわかります。
違うとすれば、光回線の場合には工事が必要となるので、工事費用があるという点くらいでしょうか。
ただし、フレッツ光から光コラボへの転用なら工事不要ですし、新規でも工事費実質無料となるサービスもあるので、そういったものを選べば特に問題なさそうです。

モバイルWi-Fiルーターの方が光回線よりも安いと思っている方も多いようですが、実際にはそんなこともないんですね。
しかも、スマホと同じ光コラボを選択すれば、毎月のスマホ料金に割引が入るので、実際には上記の表の価格よりも安くなる場合があります。
auやソフトバンクなら家族にも同じ割引が適用できますので、家族でauやソフトバンクにそろえて使えばかなり安くなりますからね。

速度

 最大速度(下り)
モバイルルーター1.2Gbps
光回線1Gbps~2Gbps

速度に関しては、これまでポケットWi-Fiは1Gbpsを超えるものはありませんでした。
しかし、UQコミュニケーションズが最大1.2Gbps対応の「Speed Wi-Fi NEXT W06」を発売したことで、やっと最大速度1Gbpsを超えるものが登場しました。
ただし、最大速度はベストエフォートなので、実際にはこれ以下となります。

もちろん利用する方法によってそこまで速度は不要の場合もあります。
普通にネット閲覧する程度であればどちらでも構いませんが、動画閲覧や容量の多いやり取りをする場合には、速度が出ないと完了まで時間がかかってしまいますね。

エリア

利用できるエリアは、やはり光回線の方が広いです。
もともとネット回線はNTTが作り上げたものですからね。
モバイルWi-Fiルーターのエリアはあとから増やしていって、今も拡大中だと思いますので、地方に行くと場所によっては利用できないところもありそうです。
ただ、都心部では全く問題なく使うことが可能です。

おすすめモバイルWiFiルーター

WiMAX

月額2,726円から利用できるのが、WiMAXです。
月間データ量無制限で利用できるところが魅力ですね。
WiMAXは高速通信だけではなく、au 4G LTE回線を使う事もできるので広範囲での利用が可能です。
初期費用割引などお得なキャンペーンも開催しています。

>WiMAXの詳細はこちら

おすすめ光回線

ソフトバンク光

ソフトバンク光は、光コラボの中でも人気の高い回線です。
月額利用料は3,800円からと安く、さらにソフトバンクスマホとのセット割である「おうち割光セット」が適用可能なので、最大で毎月2,000円の割引ができようできます。
その割引を家族のソフトバンク利用者にも適用できるので、ソフトバンクを使う家族が多ければそれだけ得をします。
しかも、最大30,000円相当のキャッシュバックもあり、乗り換えなら工事費無料になりますのですぐに乗り換えができます。

>>ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら

NURO光

NURO光は関東エリア限定の光回線です。
NURO光の一番のポイントは最大2Gbpsの速度ですね。
他の回線は1Gbpsなので2倍の速度がでるので、速い回線を求めている方にはぴったりです。
料金も1年間は2,980円で利用できて、工事費も実質無料です。
また、ソフトバンクユーザーならおうち割光セットでスマホの割引もできます。
関東のソフトバンクユーザー向けの回線と言えますね。

>>NURO光のキャッシュバックはこちら

コミュファ光

コミュファ光は東海エリア限定のサービスです。
KDDI傘下で中部電力と提携している中部テレコミュニケーション株式会社が運営していて、安心できる回線です。
ギガスタート割なら4,600円~となっていて、さらに最大55,000円還元もあります。
また、コミュファ光はauスマートバリューが使えるので、auスマホを利用している方なら、毎月最大2,000円の割引がスマホに入ります。
回線は他の光コラボとは違ってフレッツ回線ではなく独自の回線を利用している為、フレッツの混雑影響をうけることもありません。

>>コミュファ光の最大120,000円キャッシュバックはこちら

まとめ

一人暮らしでモバイルWi-Fiルーターがいいのか光回線がいいのかというところですが、「どうしても外でも使いたい」という理由があるのなら、モバイルWi-Fiルーターを選択するしかありません。

しかし、逆に外での理由が必須でないならば、料金や回線スペックなど含めて考えると光回線の方がおすすめです。
特にドコモかソフトバンクかauのスマホを持っているなら、セットにして割引を受けるのが料金面でもお得になります。
キャッシュバックキャンペーンも見逃したくないところですね。

実際に自分がどんな場面で多くネットを利用するかを振り返ってみて、使い方によってどちらにするかを決めるのが良いでしょう。

【2019年最新版】インターネット回線おすすめはこれだ!