オンラインゲームの通信エラーやカクカクを解消する方法

ゲーム ネット知恵袋

ゲームって、昔はファミコンとかスーファミとかゲームボーイとかPCエンジンとかいろいろありましたけど、どれも一人で遊ぶか、友達を呼んで2人で協力プレイor対戦っていう遊び方が普通でした。
でも今って、どのゲーム機もインターネットに接続して離れた友達や見知らぬ人と一緒にプレイする遊び方があります。

私も以前プレイステーションでオンライン対戦をしてみたことがありますが、あっという間に瞬殺されてしまってめちゃくちゃ悔しい思いをしたことがあります。
でも、オンラインで対戦相手を見つけたり知らない人と仲間になってゲームをするのってとっても楽しいですよね。
ネットゲームっていうと、少し前まではパソコンゲームが主流で、一般の方にはなかなか馴染みのないものでしたが、今はどのゲーム機もネット接続ができます。

・ニンテンドースイッチ
・ニンテンドー3DS
・プレイステーション4
・Wii U
・PS Vita
・スマホゲーム

↑この辺は今人気があるゲーム機でオンラインが可能なものです。
で、そんなオンラインゲームを楽しんでいると時々遭遇するのがネット回線のトラブルです。
せっかくいいところなのに突然回線が切断されてしまったり、動きがカクカクしてよくわからないうちにやられてしまった、なんていう経験はありませんか?
そんな風にしてオンラインゲームでくやしい思いをしない為に、オンラインゲーム利用時の通信エラーや動きがカクカクしてしまう不具合の原因と対策について、今回はご紹介していこうと思います。

回線は何を使ってる?

まずはオンラインゲームをする時に使っている回線の確認です。
ゲーム端末をインターネット回線に接続するにはいくつか種類があって、みなさんそれぞれ違うと思います。

・ADSL
・モバイルWi-Fiルーター
・テザリング
・光回線(フレッツ光や光コラボ)
・光回線(ケーブルテレビ)

だいたいこのどれかを利用していると思いますが、オンラインゲームをストレスなく楽しむ為には向いている回線とそうではない回線があります。

ADSL

ADSLの平均的な速度は、実測値でだいたい10Mbps前後だと思います。
これを、さらに無線Wi-Fiルーターで利用すればさらに速度は落ちる可能性が高いです。
また、自宅の場所がNTTの基地局から遠い場合には、もっと速度が出なくなります。
ADSLでオンラインゲームができない訳ではありませんが、ストレスなく楽しむには回線速度は速いに越したことはありません。
できればADSLは避けたいところですね。
NTTでもADSLの新規申し込みはすでに終了しています。
つまり、時代はADSLから光回線に移行して言っているんですね。

モバイルWi-Fiルーター

モバイルWi-Fiルーターは持ち運びができて、どこでもネット接続ができるとても便利な機械です。
自宅にはインターネット回線はないけどモバイルWi-Fiルーターは持っているという方も多いのではないでしょうか。
しかし、オンラインゲームをする場合にはモバイルWi-Fiルーターもベストな選択とは言えません。
その理由は2つあります。

回線の安定性

モバイルWi-Fiルーターの利用可能エリアは年々広がっていて、よっぽど田舎とかに行かない限りはほとんどの場所で使うことができます。
しかし、利用する場所によってはLTE電波が拾えず3G回線になったり、建物の構造の影響で電波を受信しにくい場合などは、速度も遅く途切れ途切れになってしまうことも。
モバイルWi-FiルーターとUSBで接続すれば、少しはマシになるかもしれませんが、常に安定した速度が必要なオンラインゲームをモバイルWi-Fiルーターでプレイするのは少々リスクがありますね。

通信速度制限

モバイルWi-Fiルーターにもいろいろな契約プランがありますが、無制限プラン以外の方の場合は、オンラインゲームのやりすぎで通信速度制限がかけられてしまうことがあります。
例えば月間のデータ容量を7GBのプランで契約していた場合、それを超えるとものすごく速度が遅くなってしまって、オンラインゲームどころではなくなります。
ネットサーフィンすらままならないでしょう。
また、プランによっては月間の使用量無制限でも1日~3日間で規定の容量を超えて使用すると通信速度制限がかかる場合もあります。
どうしてもネット回線のない場所でオンラインゲームをという事であればやむを得ないですが、そうれなければモバイルWi-Fiルーターもあまりお勧めできる手段とは言えませんね。

テザリング

スマホのテザリングはネット回線がなくても、モバイルWi-Fiルーターがなくてもスマホから電波を飛ばしてつなぐことができます。
確かにテザリングは手軽で便利ではありますが、正直オンラインゲームには全く向いていません。

まず、速度の面でいうとモバイルWi-Fiルーターよりも遅いです。
電波もなかなか安定しているとはいえません。
そのうえ、スマホのデータ通信量をガンガン消費しますので、すぐに月間の通信量を超えて通信制限がかかってしまうでしょう。
スマホに通信制限がかけられてしまうと、オンラインゲームができないのはもちろんですが、普通にスマホを使う時にもとっても不便になります。
通信制限を解除する為に追加データの購入をするにしても、契約プランのデータ量をアップするにしてもオンラインゲームをする為の容量と考えるとかなり割高になるので、テザリングでのオンラインゲームはおすすめできませんね。

光回線

ネットでオンラインゲームをするのなら光回線で間違いありません。
光回線といえば、フレッツ光を思い浮かべる方が多いでしょう。
フレッツ光は光回線の中でもトップシェアを誇っていますので、利用者がとても多いです。
NTTの回線なので信頼できるというところもありますね。
ただ、今はフレッツ光以外にもたくさんの光回線があります。
料金やそのほかのサービスなどを見比べて、自分に合った光回線を選びましょう。

ネトゲは光回線が必須

ネットゲームをする場合には光回線をお勧めします。
やっぱり光回線が一番速度が安定するんですよね。
光回線じゃなくてもネットゲームはできますが、インターネットの回線って常に速度が一定とは限りません。
その時間帯に利用している人が多くなればなるほど速度は落ちていきます。
ですから、できるだけ速度は速い回線にしておいた方が安心できると思います。
また、光回線の中でも料金や速度が違う回線があるので、それぞれの特徴をご紹介していきます。

フレッツ光使うなら光コラボ

光回線の代表格ともいえるフレッツ光ですが、今選ぶのならフレッツ光よりも光コラボの方がおすすめです。
なぜかというと、単純に料金が安くなるからです。
フレッツ光と光コラボの料金を比べるとわかりますが、光コラボの方が安いかほぼ一緒くらいの金額になります。
でも、光コラボはスマホと一緒に利用することでスマホ料金に割引が入るので、実質の料金としては安くなるんですよね。
あとは、キャッシュバックなどのキャンペーンも考慮すると、光コラボの方がお得なんです。
もし、今フレッツ光を利用している場合は、転用といって工事費がかからず乗り換えることもできます。

ケーブルテレビは微妙かも

マンションにケーブルテレビの設備が完備されていて、ついでにネット回線も利用できるという建物ありますよね。
「ケーブルテレビとネットが一緒に利用できるのはいいかも」
なんて思って安易に契約するのはちょっと待ってください。
ケーブルテレビがメインで、ついでにちょっとネットが使えればいいという方なら問題ありませんが、オンラインゲームをするなどネット回線を本気で使う方には、ケーブルテレビのネット回線はおそらく満足いくものではありません。
そもそも契約プランに1Gbpsのプランがなかったり、あとは回線の質が通常の光回線とは異なるんですよね。
多くのケーブルテレビ会社のネット回線は、光ハイブリッド方式を採用しています。
光ハイブリッド方式は、光ファイバーと同軸ケーブルを組み合わせた回線で、フレッツ光などの光回線と比べると性能が劣ります。
また、建物によっては1回線をいくつもの世帯で共有して使っていることもあります。
これでは、回線速度は遅くなる一方です。

光コラボでダメならauひかり

光コラボは、フレッツ光の回線設備を借りていますので、基本的に使っている回線は一緒です。
フレッツ光や光コラボは最大1Gbpsなのでオンラインゲームをするには十分な速度ですが、それでもカクカクしたり通信エラーが起こる可能性はあります。
というのも、フレッツ光や光コラボは他の回線に比べて加入者数が圧倒的に多いんです。
すると、同時に接続する人も当然多くなります。
特に、夜の20:00~24:00の時間帯は最もインターネットを利用する方が多い時間帯となるので、回線が混雑しすぎて速度が低下したり、最悪通信エラーを起こす場合があると言われています。
オンラインゲームの最中にそんなことが起こってしまったら大変ですよね。

じゃあどうすればよいかというと、フレッツ回線以外の回線を利用するんです。
auひかりは、光コラボではないのでフレッツ回線ではありません。
使っているのはダークファイバーと言って、予備の光回線です。
このダークファイバーなら、フレッツ光や光コラボを使っている方とバッティングすることがありませんので、フレッツ光で起きるような通信エラーを回避できる可能性が高いんですね。
また、auひかりは光コラボではないものの、auスマホなどと一緒に利用することでスマホの割引制度が受けられるので、毎月の通信費を抑えることもできます。

>>auひかりのキャッシュバックはこちら

NURO光は速度が2倍!?

フレッツ光や光コラボに比べるとやや知名度が低いNURO光ですが、実はオンラインゲームユーザーにはとても人気の高い光回線です。
それは、NURO光の最大2Gbpsというスペックにあります。
フレッツ光も光コラボもauひかりもみんな最大1GbpsなのにNURO光はその倍の速度を出すことができるんです。
ちなみに、NURO光はソフトバンクスマホとの併用でおうち割光セットというスマホ割引が適用できますので、NURO光を利用するのならスマホもソフトバンクにした方がお得なんですよね。
ただ、NURO光は関東エリア限定の回線なのでそれ以外の地域にお住まいの方は利用できないのが残念なところでもあります。

>>NURO光のキャッシュバックはこちら

必要なのはスピードよりping値?

オンラインゲームを快適に楽しむためにはとにかく回線速度、と思われがちですが実はそれ以外にも重要な要素があります。
それがping値です。

ping値とは

ping値とは、サーバーの応答時間の値です。
オンラインゲームをしている時には、常にサーバーと通信を行っている状態なので、回線速度はもちろん必要ですが、回線速度がいくら早くてもping値が低いとサーバーから返ってくる情報の反応が悪く、他のユーザーよりも不利になってしまうんです。
いわゆる「タイムラグ」のようなもので、実際には自分の方が相手よりも早く反応したはずなのに、なぜがゲーム上では相手の方が早く反応したことになってしまうような現象ですね。

有線接続と無線接続

自宅で光回線を使ってオンラインゲームをしていても、接続方法が有線か無線かでも速度や通信エラーに差があります。
基本的に有線接続であれば、回線に問題がない限り通信エラーにはならないでしょう。
でも、無線ルーターでWi-Fiを使っている場合は、途中で通信が途切れてしまったり、速度が遅いなどの問題が起きることがあります。

可能であれば有線接続にした方が望ましいですが、モデムとパソコンの位置が遠い、ノートパソコンでLANの端子がついていないなどの場合は、Wi-Fiを利用するしかありません。
そういう場合には、できるだけWi-Fiルーターのスペックが高いものを使うようにしましょう。
Wi-Fiルーターのスペックが低いと、扉や壁一枚隔てただけで電波が届かなくなってしまうこともあります。

LANケーブル選びも重要

有線接続してるけどさっぱり速度が出ない、という方はもしかしたら使っているLANケーブルに問題があるかもしれません。
「LANケーブルなんて繋がればなんでもいいんじゃないの?」
というのは大きな間違いです。
LANケーブルにも対応速度がありますので、遅い速度にしか対応していないLANケーブルを使っていた場合には、いくら回線が1Gbpsでも十分にそのスペックを発揮できません。

LANケーブルには、「Cat5e/Cat6/Cat6A/Cat7」というようにそれぞれ規格があります。
1Gbps以上の回線を使うなら最低でもCat5以上のものを使いましょう。
Cat4以下だと1Gbpsには対応していません。

まとめ

ネットでオンラインゲームをする場合には、光回線の利用がおすすめです。
光回線の選択肢としては

・フレッツ光
・光コラボ
・ダークファイバー回線
・ケーブルテレビ

これらのものがありますが、ケーブルテレビは回線の質を考えるとおすすめではありません。

料金面を考えるなら、光コラボやauひかりでスマホ割を適用させた利用方法がもっともおすすめになりますね。