スマホでYouTubeが見れない、再生が遅い時にできる5つのこと

youtube ネット知恵袋

みなさんはスマホで最もよく使うアプリはなんですか?
以前、とある会社がスマホでよく使われているアプリを調査した結果を公表しました。
それによると、最も多く使われているアプリはLINEでした。
2位がFacebook、3位がTwitterとなっています。
やはり今の時代、SNSは手放せないツールとなっているようですね。

他にはYahoo!や楽天、インスタなどニュース系やショッピング系のアプリが並んでいる訳ですが、ここに「YouTube」が入っていないのは正直意外でした。
YouTubeを見るという方はかなり多いはずなんですが…

しかし、なぜここにYouTubeが出てこないのかは容易に想像がつきました。
それは、みなさんYouTubeを「スマホ」では見ていないんですね。
スマホでYouTubeを見ると一気にかなりのデータ量を使ってしまいます。
そうするとすぐにスマホが通信制限にかかってしまいます。
だからきっとスマホに通信制限なんていう制度がなければ、みなさんスマホでガンガンYouTubeを見ると思うんですよね。

YouTubeはいろいろな動画を楽しめますが、それ以外にも例えば移動時間に音楽を聴く為につかったり、何か作業をしている時や自宅にいるときにBGMとして再生したり、様々なシーンで利用できます。
しかし、結局のところひっかかるのは通信制限の問題ですよね。
あと、スマホでYouTubeを再生していると電波状況によって途中で止まってしまったり、再生までに時間がかかるということもよくあります。

そこで、今回はこうしたスマホでのYouTube利用に関する悩みを解決する方法をいろいろとご紹介していければと思います。
YouTubeのスムーズな再生方法や、通信制限を回避してYouTubeを楽しむ為の方法などを交えてご紹介していきますので、YouTube大好きな方はぜひ参考にしてみてください。

YouTubeと通信速度制限

スマホでYouTubeを楽しむにあたり、最大の障害となるのが通信速度制限です。
スマホは契約しているプランによって、月間で使用できるデータ容量が決まっています。

 1GBあたりの料金
ドコモ1,250円
ソフトバンク1,000円
au1,000円

現在の大手キャリアのデータ量に関する料金相場は上記のような感じです。
キャリアによってもっと細かくプランが分かれているところもありますが、おおむねこれくらいと思って問題ありません。

では、実際にスマホでYouTubeを見た場合、どれくらいのデータ量を消費するのでしょうか。

画質5分視聴60分視聴毎日60分視聴
低画質約10MB約120MB3.6GB/月
標準画質約14MB約168MB5GB/月
高画質約27MB約324MB9.7GB/月
最高画質約51MB約612MB18.3GB/月

上記の数値はおおよそのものとなるので、実際にはもっと長く再生できたり、もっと少ない再生時間で上限に達してしまう可能性がありますのでご注意ください。

例えば毎日YouTubeを見ると仮定した場合、低画質で視聴した場合は1日約60分の視聴で3.6GBにもなってしまうのです。

スマホのデータ量は、これ以外にもネットサーフィンしたりLINEしたり、ゲームをしたりして消費していますので、実際にYouTube用として使えるデータ量はこれよりも少なくなると考えると、やっぱり自由にYouTubeを見るというのは常に通信速度制限と背中合わせになります。

快適にYouTubeを見るには

スマホでYouTubeを快適に見る為には、通信速度制限と安定した回線の確保という2つの問題を解決する必要があります。
では、具体的にどのような方法があるでしょうか。

Wi-Fiを使う

スマホをWi-Fiに接続してYouTubeを見れば、回線速度と通信速度制限に関する問題はいっぺんに解消できます。
Wi-Fi通信はスマホの回線よりも基本的に速度が速いです。
ですから、YouTubeの視聴中に止まったり画質が落ちるといったことはありません。
また、Wi-Fi接続中はスマホのデータ量は使用しないので、いくらYouTubeを見ても通信速度制限にかかることはありません。

自宅の光回線

もし、自宅に光回線を引いているのなら、無線LANルーターを使用することでスマホをWi-Fi接続することができます。
自宅でYouTubeを見るときは常にWi-Fi接続していれば、スマホのデータ量も節約できますね。

フリーWi-Fi

今は街中のいろいろなところでフリーWi-Fiが使えます。
スタバにはWi-Fiを求めて多くのノマドワーカーが訪れるほどです。
こうしたカフェなどにあるWi-Fiも、YouTubeを見るのには快適に利用できます。
しかも、無料で使えますのでお金がかからずに使い放題です。
※一部利用時間に制限があるところもあります。

モバイルWi-Fiルーター

手軽に持ち運んでどこでもネット回線を利用できるのがモバイルWi-Fiルーターです。
モバイルWi-Fiルーターには、キャリアや契約プランによって月間データ利用量に制限があるものと、無制限のものがあります。
それほどたくさん使わないという方は、月間5GBや7GBのプランの方が安く利用できますし、無制限でたくさん使いたいという方は無制限のプランを利用するとよいでしょう。

使用していないアプリの停止

スマホでYouTubeを視聴している時、電波状況には何も問題ないのになぜか再生画面がカクカクしたり、再生までに時間がかかるという症状に悩まされている方も多いようです。
この原因のひとつで考えられるのが、バックグラウンドで実行されたままのアプリです。
スマホは一度起動したアプリは終了しないといつまでもバックグラウンドで起動したままとなり、スマホのメモリを食ってしまいます。
そういう場合は、必要なアプリ以外は一旦すべて終了させてしまいましょう。
これは、YouTube以外のアプリを使用している時にも応用できますので、スマホの動きが遅いと感じた時は実行してみましょう。

スマホを再起動

スマホの挙動がおかしいと感じた場合、もっとも手っ取り早く解消できる手段が再起動です。
再起動するとアプリはすべて終了されますし、一度リセットされるので大抵の不具合はこれで解消できます。
スマホはずっと電源を入れっぱなしで再起動すらしないという方が多いと思いますが、可能であれば毎日一回くらいは再起動をかけてもいいかもしれませんね。

Clipbox

Clipboxというとっても便利なアプリがあります。
このアプリは、YouTubeの動画をダウンロードして好きな時に再生することができます。
一度ダウンロードした動画は、後で再生する時には通信をしなくてもよいので、例えばWi-Fiにつながっている時に好きな動画をダウンロードしておけば、スマホのデータ量は使用せずに動画を楽しむことができます。
また、ダウンロード済の動画なので再生途中で電波が悪くなって再生が止まるといった症状も発生しません。
お気に入りの動画をダウンロードしておけば、いつでもどこでも自由に視聴することができるのはかなり便利ですね。

Zvideo

ZvideoもClipboxと同様に、YouTube動画をダウンロードできるアプリです。
ただ、ZvideoはiPhone専用アプリのようですね。
使い方はClipboxと同じで、Wi-Fi接続している時に好きな動画をダウンロードしておけば、あとから自由に再生できるといったものです。

【番外編】YouTubeをバックグラウンドで再生する方法

YouTubeって、スマホで再生している時に他のアプリを操作したりしたら再生が止まってしまいますよね。
動画をしっかりとみている時ならそれでもいいんですが、音楽として楽しんでいる場合には、音楽再生アプリのようにYouTubeの画面を表示していない状態でも再生し続けてくれたらいいんですけど…
という場合に、その方法がありました。
では、androidとiPhoneそれぞれでYouTubeをバックグラウンドで再生する方法をご紹介します。

android編

androidでYouTubeをバックグラウンド再生するには、YouTubeアプリではなくGoogleChromeを使用します。
GoogleChromeからYouTubeを検索して開き、再生する方法になります。
動画が再生されたらホームボタンを押してホームに戻ります。
すると、YouTubeの再生がストップしてしまいますが、スマホの画面を上から下にスワイプすると先ほど再生していたYouTubeの表示がありますので、そこで再生ボタンを押せば再びバックグラウンドでの再生が始まります。

iPhone編

iPhoneでYouTubeをバックグランド再生する場合は、Safariを使用します。
SafariでYouTubeを開いたら、再生したい動画を検索して再生します。
動画が再生されたらホームボタンを押してホームに戻ります。
ホーム画面で画面下から上にスワイプするとコントロールセンターが表示されますので、さらに横にスワイプすると、先ほど再生していたYouTubeが表示されますので、そこで再生するとバックグラウンドでの再生がスタートします。

Wi-Fiを使うなら

回線速度的にも、スマホのデータ容量を節約する為にもYouTubeの再生や、動画のダウンロードはWi-Fi接続の状態で行うのがおすすめです。
そこで、Wi-Fiを利用する為におすすめの方法を2つご紹介します。

固定回線

もっとも安定していて、データ容量なども気にせず使えるのが固定の光回線です。
自宅に光回線を引いてしまえば、無線LANルーターを利用してWi-Fi接続が可能になります。
自宅にいるときは常にWi-Fiが利用できますから、YouTube見放題のダウンロードし放題ですね。
ちなみに、光回線はどれにすればいいの?という方は、今使っているスマホと同じ会社からのサービスにするのがおすすめです。

もし、ドコモスマホをお持ちならドコモ光にすれば、スマホ割引が適用されます。
しかも、プロバイダーをGMOとくとくBBにすると、Wi-Fiルーターが0円で利用できるので、わざわざ購入する必要もないんです。

>>IPv6対応!高性能無線Wi-Fiルーターが0円で使える!【GMOとくとくBBのドコモ光】

もしもソフトバンクスマホを利用している方は、ソフトバンク光がおすすめです。
ソフトバンクスマホとネット回線をセットで利用すると、最大2年間最大毎月2,000円のスマホ割引が適用できます。
また、こちらからの申し込みで最大30,000円のキャッシュバックもあります。

>>最大25,000円キャッシュバックのソフトバンク光はこちら

モバイルWi-Fiルーター

モバイルWi-Fiルーターは場所を選ばずに利用できるのが最大のメリットです。
ただし、使う機種やプランによって月間データ利用量に制限がある場合も。
安く済ませたいならそうしたプランを選んでもいいですし、使い放題がいいなら無制限プランで利用できるものがおすすめです。

もし、月間データ利用量が無制限で利用できるモバイルWi-Fiルーターを探しているならWiMAXがおすすめです。

WiMAXは月間データ利用量無制限で利用できるWi-Fiルーターです。
最新端末のW04なら下り最大速度440Mbpsの高速通信が可能です。

>>WiMAXの詳細はこちら

まとめ

スマホでYouTubeを視聴すると、スムーズに視聴できなかったり通信速度制限の心配があります。
その為、Wi-Fi接続をした上での視聴がおすすめです。
また、YouTube動画をダウンロードできるアプリを使ってあらかじめダウンロードしておくのもいいですね。
ただし、視聴するにしてもダウンロードするにしてもWi-Fi接続している状態で行うのがおすすめです。
自宅の固定回線、またはモバイルWi-FiルーターがあればスムーズにWi-Fi接続ができますね。